イントロダクション

華麗な世界の裏でうごめく権力争い。その愛を、守れるの

韓国最高のホテルを舞台に、その裏に渦巻く権力争いと陰謀を描き出すミステリアスなロマンス、「ホテルキング」。会長の謎の死から始まる復讐サスペンスである一方、ホテルを守ろうと奮闘する会長令嬢と、彼女を守るべく陰で闘い続けるホテル総支配人の狂おしいまでの〈守り愛〉の物語としても、心を揺さぶる話題作だ。多くの秘密を抱え、ストイックに令嬢に尽くす総支配人には「女の香り」のイ・ドンウク、世間知らずで純粋なホテル令嬢には「マイガール」に続きイ・ドンウクとコンビを組むイ・ダヘが扮し、抜群の相性に感情移入させられること必至。この人が?という驚きの展開にも目が離せず、総支配人がいかにヒロインを守り抜くか、釘付けにさせられる!

[POINT 1] 誰が敵か、誰が味方か---

名門ホテルに渦巻く陰謀、探り合う心理戦、驚きの因果、劇的展開に目が離せない!

ホテル会長が娘に遺した言葉、それは「誰も信じていけない」。会長が捨てた子として育てられ復讐心を抱く総支配人、総支配人を盾に会長の座を狙う副会長、考えの読めないマネージャー、そして末端の従業員に至るまで、「あなたはどちら側の人間なの?」と互いに探り合う心理合戦がスリリング。信じていた人に裏切られたり、敵と思っていた人間に助けられたり、徐々に明かされる様々な因果に「おー!」と唸らされる展開は、「神々の晩餐」の脚本家ならでは。さらに、思わず涙の展開も待ち受ける!

[POINT 2] あなた一体何者なの?---

冷静でありながら愛するものは徹底して守る!ツンツン+見守りの最強主人公!

本作が心揺さぶる最大の理由は、ヒロイン、モネを命懸けで守る総支配人ジュワンの尽くし愛だ。有能で仕事に厳しく、お嬢様モネに対しても常に冷たく線を引いて接するが、陰ではモネを邪魔する敵を排除すべく壮絶な闘いを繰り広げている。従来の韓ドラなら対立するツンデレと見守りの両キャラを1人で担う最強ヒーローで、胸キュン要素も満載。冷たいのか優しいのか謎めいた魅力で、お嬢様はもちろん女性試聴者たちの心を鷲掴みにしてしまう。過去の傷ゆえ心に鎧をまとうジュワンの苦悩や悲しみにも母性本能くすぐられる!

[POINT 3] すべての運命が絡み合う---

物語を面白くする濃厚な脇キャラたち

いい男は総支配人ジェワンのみならず。ヒロインに亡き姉を重ねて慕うコンシェルジュ、ウヒョンは、ジェワンと真逆の癒し系見守り男子として魅力を発揮。「天命」に続きイ・ドンウクと共演となる2AMのスロンが好演も光る。また、物語のキーマンである副会長役をこれでもか!というほど卑劣に演じたイ・ドクファ、不気味なカリスマ性を放つペク・マネージャーを怪演し、視聴者をも攪乱するキム・ヘスクが圧巻。悪役か否か、濃い脇役たちにも注目だ。

pict_intro_03_02

ジェワンという男

冷たい男は守る男だった

黙って守る、ひたすら守る!

普段は冷たく、世間知らずのモネを厳しく諭すジュワンだが、彼女を狙う者がいれば、庭で本を読む振りを装い、寝ずの見張りをする。火災現場からモネを体を張って助けながら、秘密にするよう部下に命じるストイックさ。その徹底した騎士ぶりに惚れる。

pict_feature_01

傷を隠した悲しみの男

ジュワンが隠しているもの、それは幼い頃から受けてきた虐待の傷痕だ。体だけではない心の傷をモネに癒され、愛おしく思うにつれ、彼女の父である会長を騙した罪悪感、ゆえにモネを愛することができない苦しみにもがく姿に心揺さぶられる!

pict_feature_02

モテ男、ジェワンを巡る女たち

ジュワンの心の傷を知り、彼を傷つける者たちから守ろうとするモネ、彼の表情ですべてを察し、持てる力で彼を支えようとする元カノ、チェギョン。そしてジュワンに忠誠を誓い、どんな指示にも従う部下スアン。ジュワンのために動く女たちのドラマも目を離せない。

pict_feature_03

ふいに見せる愛らしさも!

常に感情を制御し、揺れることのないジュワンだが、大きな体で宝物のプラモデルをいじり、触ろうとする子供から必死で守ったり、モネの前では思わず笑顔がこぼれたり、ふいに見せる子供のような姿が可愛い。そのギャップは笑いと萌えを生み出している。

pict_feature_04

ストーリー

親を知らないまま海外養子に出された少年ジェイデンは呪わしい生活の中、ある事件を起こし、7ッ星ホテル、シエルの副会長ジュングに引き取られる。ジュングからシエル・ホテルの会長こそが自分を捨てた父親だと聞いた彼は、チャ・ジェワンと名付けられ、父への復讐のためジュングに忠誠を誓う。やがて世界的ホテルマンとなったジェワンはシエル・ホテルの総支配人に。だが、会長に正体を明かした矢先、会長が自殺。その死に疑惑を抱くジェワンの前には、後継者として会長の一人娘モネが現れる。わがまま放題のモネに皆が辟易する中、彼女は密かに父の死の真相を探っていた。ジェワンを父殺しの犯人と疑うモネだったが、ジェワンの優しさに触れ、惹かれていく。モネを邪魔に思っていたジェワンも、彼女の父への思いに触れ、心が揺れる。しかし、会長の座を狙うジュングはモネを潰す機会を狙い、ぺク・マネージャーも不穏な動きを始める…。

pict_story_01

pict_story_02

相関図

chart

キャスト

pict_cast_01

チャ・ジェワン

「ホテルの怪物」という異名をもつ韓国最高ホテルの総支配人。判断力、危機対応力、指揮力に優れ、常に冷静沈着。

イ・ドンウク

1981年11月6日生まれ。184cm、B型。05年の「マイガール」で主演俳優の座固めをし、11年の「女の香り」で成熟した魅力を開花。他に、「乱暴<ワイルド>なロマンス」 「天命」「アイアンマン(原題)」など。

pict_cast_02

ア・モネ

ホテル会長を父に持ち、奔放に育った「韓国のパリス・ヒルトン」。世間知らずでわがままだが純粋で心優しい。

イ・ダヘ

1984年4月19日生まれ。170cm、O型。豪州の高校在学中にミス春香に選ばれ芸能界入り。「花の仙女様」「マイガール」で一躍人気を得る。他に「エデンの東」「チュ ノ〜推奴〜」「ミス・リプリー」など。

pict_cast_03

ソン・チェギョン

故GRグループ会長の未亡人でレストランを経営。ジェワンの元恋人でシエル・ホテルの株主として彼に近づく。

ワン・ジヘ

1985年12月29日生まれ、169cm、O型。09年に「1%の奇跡」でデビュー。「個人の趣向」など悪女役が多かったが、「ボスを守れ」ではコメディエンヌぶりも発揮。他に「怪しい家政婦」「がんばれ、ミスターキム」など。

pict_cast_04

ソン・ウヒョン

理想のホテルマンとしてア会長を敬うホテルコンシェルジュ。実は御曹司で、亡き姉とモネを重ね、密かに想う。

イム・スロン

1987年5月11日生まれ、186cm、O型。08年にアイドルグループ2AMのメンバーとしてデビュー。「個人の趣向」で演技初挑戦し、以降俳優活動も精力的に行っている。他に「天命」『アコースティック』。

演出:
チェ・ビョンギル「エデンの東」
チャン・ジュノ「オーロラ姫」
脚本:
チョ・ウンジョン「神々の晩餐」「黄金の魚」

DVD情報

TSUTAYA先行レンタル 3月11日(水) vol.1〜8 4月8日(水) vol.9〜16<完> 発売・販売:カルチュア・パブリッシャーズ
4月8日(水)発売 DVDコンプリートBOX 第1話〜第32話(最終話)+特典DISC [計17 DISC] 豪華特典:封入特典 オールカラーブックレット(12P) 映像特典 メイキング、インタビュー、ハプニング集他(約65分) 25,000円(本体)+税 POCE-63304 発売元:カルチュア・パブリッシャーズ 販売元:ポニーキャニオン
〈韓国放送〉 2014年4月5日(土)〜2014年7月27日(日)/韓国MBC22時土日/1話約65分/全32話